まゆボンの賢者の投資術

                                                                           IPO新規公開株を中心としてリスクを抑えて資産を増やします。株主優待・ふるさと納税も活用し、まずは年間50万円の貯蓄を目標とします。

4420 イーソル補欠当選、実は創業43年の会社だった

映画料金がいつでも1,000円

 10/2はイーソルの抽選日でした。SBI、三菱モルガン・スタンレー証券にて落選。やれやれ、今日も終了か~ と思いきや野村ネット&コールさんにて思わせぶりな補欠当選!

 

ブログネタかもしれませんが有り難いです!購入申し込みしました。華麗に散るか、Luckyパンチ出るか~、10/5(金)乞うご期待! 

f:id:Mayubon:20181003001549j:plain

 

  10/5(金)結果発表~「繰り上げ当選なし」、、ですよねー。

野村ネット&コールさん、少しの間だけ楽しませていただいて誠にありがとうございました。ネット上では、なかなか当選しないと言われていますが、まゆボンは野村ネット&コールさんからは何度か当選を頂いているので何か相性みたいなものがあるのかもしれません。

 

 野村ネット&コールさんに限らず、IPOの当選確率は、ネットで申し込みできるほぼ全ての証券会社に毎回申込みを続けると20回弱に1回は当選するという程度です。それでもまゆボンは続ける価値があると感じているので申込みを継続しています。

f:id:Mayubon:20181006123600j:plain 

 2018/10/22追記

せっかくなのでイーソルさんの業務内容を調べてみます。

  • コンピュータならびにコンピュータ周辺機器のソフトウェアとハードウェアに関する研究開発・製造・販売
  • コンピュータならびにコンピュータ周辺機器のソフトウェアとハードウェアに関する開発の受託ならびに技術者の派遣

とのことですが、まゆボンにはあまりピンとくるものではありませんが、一例としてWii Uに採用されたSDメモリカードのデータの読み書きを行うファイル操作機能を提供したりしているようで、大手メーカーにも幅広く技術派遣をしているようです。

 

 公募価格1,680円に対して初値4,000円と大幅に上がって一服と思いきや10/22(月)は+585円ののストップ高5,350円となっています。しかしイーソルという会社の設立年を調べてみると1975年(昭和50年)とのことで、かなり歴史のある会社ですね。大手メーカーとも長きに渡って関係性を構築しているのでしょう。

 

 単位株を購入するのに50万円以上するので、分割が発表されたら流動性向上の期待から株価はもうひと伸びするのではないかと思います。