まゆボンの賢者の投資術

                                                                           IPO新規公開株を中心としてリスクを抑えて資産を増やします。株主優待・ふるさと納税も活用し、まずは年間50万円の貯蓄を目標とします。

6299 神鋼環境ソリューション ミドリムシ ユーグレナとは

映画料金がいつでも1,000円

  みなさんは、ミドリムシ「ユーグレナ」を聞いたことはありますでしょうか?

 

ユーグレナは、ミドリムシの学名です。もともとはミドリムシは、世の中に大量に存在する植物性と動物性の両方を兼ね揃えた「新たな資源」としてその可能性をかなり以前から研究をされてきました。両方の性質とは、体内の葉緑体によって光合成を行う植物的な性質と、自らの存在確率を高めるべく全体に伸び縮みしたりくねったりという鞭毛(べんもう)運動を行う動物的な性質を持ちます。

 f:id:Mayubon:20181006142728j:plainhttps://iimonoiikoto.com/story/biozyme-jelly

 しかし生態系ピラミッドの底辺に位置するミドリムシは、安定的に培養、量産することが難しくなかなか実用化されませんでした。

 

もともと「世の中の食糧問題を何とか解決したい」という高い志を持った出雲充(いずもみつる)さんを中心として、日本中の研究者の協力を結集させて、株式会社 ユーグレナがミドリムシの屋外での大量培養技術を2005年12月に成功させたことで有名です。 

 

 出雲さん曰く「我々の世代はビジネスをして大もうけしようとか、使い切れないくらい大金持ちになろうとか、そういうモチベーションではもう生きていけない。持続可能な社会を作るために、みんなが出来ることをした方が良い、そういう人が増える方向にあるのは間違いない。消費者も変わっている。21世紀後半には自然と丸いビジネスが当たり前となり、商品も、消費者もそれを受け入れ当たり前になっていると思います。」と。丸いビジネスとは持続可能な社会を作るビジネスであり、まさにSDGsの理念そのものですね。

f:id:Mayubon:20181006143857p:plain 

 本日ご紹介する6299神鋼環境ソリューションは、神戸製鋼グループに属し環境事業を担っている会社です。今年の西日本を中心とする地域で災害ごみの処理計画(災害ごみの計画的な処理により少しでも早い復旧を目指す)のプレーヤーとして活躍が期待される一方で、浄水処理の技術を生かし食べられるミドリムシとして2017年1月神戸ユーグレナという自社ブランドも立ち上げています。

f:id:Mayubon:20181006144616j:plainf:id:Mayubon:20181006144303j:plain神戸ユーグレナ

 まだ東証2部ということもあり、単位株100株に対して一日の出来高は約2,000株です。直近の3ヶ月の値動きは以下の通りです。正にこれから注目されるべき企業の一つで期待したいです。でも東証2部から脱しないと如何ともし難いとこはありますね。

f:id:Mayubon:20181006145010j:plain