まゆボンの賢者の投資術

                                                                           IPO新規公開株を中心としてリスクを抑えて資産を増やします。株主優待・ふるさと納税も活用し、まずは年間50万円の貯蓄を目標とします。

Anyca エニカ カーシェアリングで青森まで往復1,600km運転しました

映画料金がいつでも1,000円

f:id:Mayubon:20181023231545j:plain

 みなさん、カーシェアリングのアプリAnycaエニカをご存知でしょうか?まゆボン家は11月末に青森県に旅行に行く予定なので、家族に快適な旅を提供すべくAnycaエニカを使ってみます。

2018.10.23追記 

 一旦は①のアウディQ2はアダプティブ・クルーズ・コントロールが魅力的でしたが乗り味がコツコツするという口コミを見て今回のような長距離ドライブには少し向いていないかと考え断念。

 シャシーがしっかりしている③のデリカD5に決めかけました。しかし、Anycano登録はアダプティブ・クルーズ・コントロール「有り」とされているものの、デリカD5にそのような仕様はないはずなので持ち主に訪ねたところ、通常の速度一定の設定のみとのこと。こちらも断念しました。

 

 急遽探し直しということで、2015年式スバルのOUTBACKをチョイス。10/13(土)の朝に問い合わせたところ午前中にOKの返信を頂きました。相変わらず皆さん返信が早く助かります。

 この時点では貸出日の11/22より一ヶ月以上前なので予約リクエストが出来ません。改めて10/23以降に予約リクエストをさせていただきます。とのことで本日を迎えました。早速、電車の帰宅途中に予約リクエスト。本日正式にOKの運びとなりました。スバルのOUTBACKで決定。まだこれからの利用ですが、まずは本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

f:id:Mayubon:20181023231454j:plain

 

青森県までの往復移動に掛かる費用は、合計で76,300円くらいです。

  • 5日分のカーシェアリング料金 26,000円
  • 自動車保険料 1,800円x5日分
  • 高速代 21,300円
  • ガソリン 20,000円くらい

やはり青森まで行くとそれなりに交通費が掛かるものですね。でも家族3人で飛行機で行くことを考えたら、約11万円+現地でのレンタカー代3万円=14万円くらいは掛かると思うので、半額弱の節約になっているのではないかと思います。

 

時間をお金で買うではなく、お金を時間で買う?になりましたが、この日のために長期休暇を取得したので、しっかり休憩を取って安全運転で行きたいと思います。

 

2018.10.10追記

 10/8(月)の夜10:30に5名の方に問い合わせをしたところ、翌朝迄に全ての方から回答がありました。みなさんレスポンスが早い!!

結果はと言うと、5名中2名の方からOKを頂けました。2名の方とは、①アウディQ2 ③デリカD5の方です。今週中には①または③の何方かの方のお車に決めるようにしたいと思います。ご自身の大切なお車を、見ず知らずの私めに二つ返事でOKを頂けるとは何とお心の広い方々なのか。本当に新鮮というか驚きです。

f:id:Mayubon:20181012210135p:plainAnyca カーシェアリングアプリ

 まゆボンは、ゴールド免許、普段から車を運転する、無事故、Anycaの利用は初めてという状況で

「希望条件」として

11月末に5日間借りたい、スタッドレスタイヤ、走行距離1,600km位走っちゃうかも、アダプティブクルーズコントロール付

とかなりハードル高めです。条件を読んで可能性がありそうな5名の方に問い合わせてみました。車種は①アウディQ2 ②Cクラス ③デリカD5 ④マツダCX ⑤ゴルフヴァリアントとまさに多種多様です。果たしてお返事いただけるのでしょうか?結果は追って更新していきます。

 2018.12.16追記

 更新が遅れましたが、11月末にスバルOUTBACKにて青森県奥入瀬まで行ってきました。やはりアダプティブ・クルーズ・コントロールやしっかりと腰を支えてくれるシートのおかげで、道中は私一人で運転しましたが疲れは2泊3日のスケジュールでも行けました。ただし私が青森入りした日は、青森で今年始めて本格的に降った日。スタッドレスタイヤ&4WDがなかったら完全アウトでした。

f:id:Mayubon:20181216124326j:plain

自分の車には無い装備(スタッドレスタイヤ、4WD、アダプティブ・クルーズ・コントロール)の車を借りられるAnyca カーシェアリングは次回も利用したい。と思えるとてもありがたいサービスでした。

 

実際にサービスを利用してみて、車を借りる流れを以下にまとめます。

  • 借りたい車を探す(スマホアプリを使って、現在地&装備&値段で絞り込むと良いです)
  • いきなり予約する前に、候補の車の持ち主数名に利用日、目的、走行距離など問い合わせ
  • 候補の中から車を選定し貸し借りの時間や場所を相談する

  • 利用日の1ヶ月前以内であれば予約を行う(キャンセルの条件は要確認)
  • 利用時に保険もアプリ上で加入(1,800/日)
  • 車を借りる(前日夜からOKしてくれる方も居ますが保険は効かないので運転しないこと)

  • 借りる際の車のキズ確認(オーナーと双方で確認する)
  • 車の使用期間(オーナーさんの気持ちになって丁寧に使いましょう)
  • あまりに汚れた場合は、洗車をしてあげましょう(洗車機に通してよいかは要事前確認)

  • 返却する直前にガソリンを満タンに
  • ETCカードなど車に忘れ物がないか確認
  • 返却の際の車のキズ確認(オーナーと双方で確認する)

  • 使用後のレビュー記載
  • 後日Anycaと連動させたカードから利用代金引き落とし

 

以上のような感じになると思います。今回サービスを利用してみて、一番の疑問だった「なぜ大切な愛車を人にシェアできるのか?」ですが、今回のオーナーさんは「乗る頻度が少なく、手放そうかとも思った。シェアすることに最初は抵抗があったけど、皆さん大切に乗ってくれる方が多い。」ということで、車を手放したくはないけど、維持費の足しにすることができるので利用しているようでした。

もちろんそれが唯一の回答ではないと思いますし、保険に加入しているとはいえ(免責10万円)事故時のリスクも有りながらもオーナーとユーザーの困りごとを解決した、(リスク)<(メリット)が感じられるとても画期的なサービスだと思います。