まゆボンの賢者の投資術

                                                                           IPO新規公開株を中心としてリスクを抑えて資産を増やします。株主優待・ふるさと納税も活用し、まずは年間50万円の貯蓄を目標とします。

Life360子供見守りスマホアプリ, iPhoneSE, Ankerモバイルバッテリー

映画料金がいつでも1,000円

 読者のみなさんもお子様が小学生や中学生になり、徐々に社会に出ていき成長が嬉しい半面、心配事も増えることでしょう。特に電車で通学をし始めると我が子の居場所や安否が気になります。

 

まゆボンも携帯キャリアの見守りサービスを使ったり試行錯誤しましたが、今は以下の3つのアイテムに落ち着きました。みなさんのご検討の一助になればと思います。子供だけでなくご両親の見守りにも応用できるかもしれません。

 

◆検討の前提条件

 ・リアルタイムで子供の位置情報が分かること

 ・できれば月額フリーなサービス(スマホアプリ)が良い

 ・学校や自宅に到着したら、メールでなくアプリのプッシュ通知で知らせてほしい

◆用意したもの

 ①SimフリーのiPhoneSE

 ②スマホアプリ Life360(フリー)

 ③Ankerモバイルバッテリー

◆解説

 iPhoneSE:安いAndroidは結局は安物買いの銭失いですし、4インチディスプレイは子供の手の大きさにも良いでしょう。

 ②スマホアプリLife360:本当に素晴らしいアプリを開発してくれたものです。Android・iPhoneどちらにも対応していて、子供の位置情報もほぼリアルタイムに反映してくれます。「学校」や「自宅」など登録した地点を「出発」または「到着」したらプッシュ通知で知らせてくれます。また、子供が持っている端末の「バッテリー残量」もモニタリングできます。

f:id:Mayubon:20181005233301j:plainf:id:Mayubon:20181005233334j:plain

 

 ③Ankerモバイルバッテリー:震災などで電車が停まったときなど、万が一に備えて軽くて普段持ちできるものを厳選しました。ケーブルもミニUSBケーブルとLightningケーブルを2本持たなくても良いように変換プラグも併せて買いました。

 125gとiPhoneSEの113 gとほぼ同等の軽さなので、カバンに入れて毎日持ち歩いています。

 モバイルバッテリーに付属のミニUSBケーブルに変換プラグを装着することで、付属のミニUSBケーブル1本でiPhoneも充電できるようになります。挿入時にカチッと音がするので、ちゃんと挿入されたことが感覚的に分かるので安心して使えます。

 以上、最低限必要な三種の神器を駆使してお子様を見守りましょう。