まゆボンの賢者の投資術

                                                                           IPO新規公開株を中心としてリスクを抑えて資産を増やします。株主優待・ふるさと納税も活用し、まずは年間50万円の貯蓄を目標とします。

IPOソフトバンク他、掉尾の一振は来たか!?

映画料金がいつでも1,000円

 今までこんなに「IPO申込&当選した株数の購入」を迷ったことがあったでしょうか?ソフトバンクのIPOだけスポット参戦した方よりもIPOマニアほど、資金繰り・他のIPO申込状況・ソフトバンク絡みのネガティブニュース・停滞気味の市況と絡めて、迷いに迷ったことでしょう。

f:id:Mayubon:20181216131821j:plain

2018.12.24追記

2018年のIPOは、ソフトバンクショックを引きずり終焉を迎えましたね。とんだ地雷案件でした。その後の上場銘柄も100株単位で、EduLab(+7,000円)、自立制御システム研究所(-57,000円)、ポート(初値付かず)とか当選者があまりにも不憫です。

 

 12月19(水)大安ソフトバンクの上場および年末のIPO当落状況を記載します。

  • ソフトバンク1,500株当選 → 200株購入 → 初値売却
    SBI、SMBC、大和、東海東京、野村ネット&コール、みずほ、三菱UFJモルガンと幅広く当選したもののSBI証券の「朝起きて確認したら、当選枚数が増えていた」の件もありペナルティ回避の「SMBC」と「三菱UFJモルガン」のみ購入しました。嵐が過ぎるのを待ちます。ただでさえ危ないのに、初値売却以外の選択肢はありませんでした。まゆボンの調査データでも示しています。 

    www.mayubon.com

  • AmidA HD、テノHDカブドットコム証券を除き、全て落選

  • 自律制御システム研究所楽天証券を除き、全て落選

  • ポート:大和証券 補欠当選カブドットコム・楽天証券、全て落選

  • EduLabカブドットコム・楽天証券 、全て落選

  • ベルトラ:SMBC補欠→繰上げなし

  • レオスキャピタルワークス
       みずほ証券 補欠当選、ライブスター証券、楽天証券 当選 →上場中止で良かったかも

  • リンクGMOクリック証券むさし証券 全て落選

というような状況で、なんだか今年のIPO祭りが 静かに終わりを迎えようとしています。イメージ写真の龍のように掉尾の一振というよりも、最後少しだけ「首をもたげる」感じでしょうか。こうなったら、あとは株主優待にパパっとシフトして、気持ちを入れ替えた方がスッキリするかもしれませんね。