まゆボンの賢者の投資術

                                                                           IPO新規公開株を中心としてリスクを抑えて資産を増やします。株主優待・ふるさと納税も活用し、まずは年間50万円の貯蓄を目標とします。

仮想通貨XRPリップル急騰30円→50円台その後の値動き

映画料金がいつでも1,000円

 リップル(XRP)が10/1(月)のSWELLとxRapid導入の期待上げで9/30(日)の高値70円近辺まで上昇した後、Sell the Fact(事実売り)で調整に入っています。2018年末に向けたXRPの値動きを考察します。

30円から50円に急騰した9月末は一時的に取引時価総額がBitcoinに次いで第2位となりましたが、現在はEthereumに次いで第3位です。

 

f:id:Mayubon:20181017235235p:plain

(引用元)https://coinmarketcap.com/ 

 

 今後の値動きを「一目均衡表」を用いて確認すると、「遅行スパン」がローソク足を下抜けしそうで、「転換線」も「基準線」を下抜いています。一方でやや厚めの雲が40円近辺でサポートラインとして機能すると考え、40円近辺を第一の押し目買いのポイントとしたいところです。

f:id:Mayubon:20181017234827p:plain

bitbankチャート

万が一雲を下抜けた場合は、XRPはもともとボラティリティが大きいので価格帯別出来高が多い30円近くまで行くかもしれません。そこが第二の押し目買いポイントとなると考えます。

 

これからの値動きは、年末に向けて利益確定ポイントの思惑も入ってくるので重要な分かれ目と考えます。